午前は生業って生活に生き、昼間は生業と生活に生き、夜は生業といった生活に寝る。

僕は毎日春になると「今年は絶対に日焼けしないように気をつける!」という宣言しますが、夏場の終わり頃になると、たえず少し日焼けしてしまっていて、その頃から日焼け方策が全くずさんになり、残暑の頃にはおよそどうしてもしばしばなってしまい、常に春の宣言をまもれた試みがありません。ことしも、例のごとく日焼けしないようにと日焼け止めをこまめに塗っているのですが、さすがにアラサーになるとひと度日焼けした人肌は簡単に白くは戻ってくれません。もう一度、若さで乗り切れないなぁと思っているので、今年は再び気合を入れて日焼け方策を頑張っています。
というのも、近所のホームセンターに、UV除外席順というのを見つけて、買ってきたんです。室内にいても、UVは降り注いでいると言うし、車の運転中のUVも無視できないので、これは良い!と思い、即お買い込み。早々、台所やリビングなど、僕が昼要る事例の多い座敷の窓に貼ってみました。上手に晴れなくて、僅か感が入ってしまったので、旦那には「汚く見えるから、貼らないほうが良かったのに。」と言われてしまいましたが、私としては満足しています。これで、内部でのうっかり日焼けも防げそうです。
あとは、通常ですが、出掛けるときは必ずや、帽子、アームフォロー、日傘を使うことにし、玄関に絶えず置いておくようにしました。日焼け止めクリームは、使い感情が酷いのは好きではないので、SPF値が小さいものをこまめに塗り治せるみたい、メイクポーチや積荷に常備できるよう何個か買いました。
これで、今秋まで、白肌持続頑張ります!更年期と女性ホルモンの関係